エンジニア新入社員
教育座談会

BIGLOBEではなぜ成長できるのか?
キャリアプランの描き方や仕事の進め方を
新入社員と先輩社員が本音で語り合いました。

座談会参加社員

キャリア開発ができるから目標に向かえる

  • 小泉 今年4月に入社して、2カ月後にサービス開発部へ配属されました。エンジニアに必要な基礎知識を体系的に学ぶエンジニア研修があるので、エンジニア未経験でも安心ですね。
  • 佐藤 僕は小泉くんの1年前に入社したけど、クラウド技術部で必要となる技術を習得するためにAWS研修を受講し、AWSの試験に合格したんだ。
  • 穂積 佐藤くんの育成担当になったとき、最初にキャリアプランを描くことから始めたんだよね。
  • 佐藤 そうですね。どういうエンジニアになりたいかを聞いてもらって、やりたいことを実現するために技術が足りないなら、AWSの研修を受けようと言ってもらいました。
  • 座間 小泉くんは入社したばかりだから将来どうなりたいかは、まだ計画中だね。なので、今は開発の仕事を幅広く経験してもらって、開発全体を理解するところからやってもらっているよね。
  • 小泉 今はOJT(On the Job Training)コーチの座間さんに案件を振ってもらって実際に仕事をしています。コードを書くのがとても楽しいので、エンジニアとしてキャリアを積んでいきたいですね。
  • 座間 OJTをしながら週に1回、1on1と呼んでいる1対1で話す機会を設けている。なりたいエンジニア像が見えてきたら、これをやってみようと試しながら仕事をしているところだね。
  • 穂積 佐藤くんも小泉くんも本人がどうなりたいか、キャリア開発をすることが大切。BIGLOBEでは自分のなりたい目標に向かって仕事ができるよ。

風通しの良い職場、
お互いを褒め合うカルチャー

  • 佐藤 やりたいことに向き合ってキャリアプランを描けるのは、上司が親身に話を聞いてくれる環境があるからだと実感しています。
  • 小泉 それは僕も感じました。会社説明会に参加したとき、いい雰囲気だなって。実際に入社してみると、お互いを褒め合うカルチャーがあることに気づいたんです。
  • 座間 技術職の場合、未経験だと煮詰まってしまうときがあるけど、それは悪いことじゃないんだ。少しでも前に進んでいるところがあれば、それを認めて褒めたいんだよね。
  • 小泉 褒めてもらえるので成長を実感できます。僕は褒められて伸びるタイプなので(笑)。
  • 座間 小泉くんは優秀だから、普通に感心して褒めているだけなんだけど(笑)。
  • 佐藤 一人ひとりをちゃんと見てくれる風土が風通しの良い環境をつくっているんですね。
  • 穂積 1対1で何でも言える環境はもちろんだけど、リモートワーク中心の働き方になると、本人とまわりの風通しの良さもつくる必要がある。だから、いろんな打ち合わせに一緒に行ってもらっているんだよ。
  • 佐藤 一人暮らしなのでリモートワーク中は誰にも会わないけど、チャットで話しかけてもらったりして、気にかけてもらっているのを感じますね。
  • 穂積 孤独感を持たないように、一人きりにしない環境づくりを心掛けているよ。プライベートでも仕事でも、悩みはすぐに解決できるようにね。

先輩や仲間から学びがある刺激のある環境

  • 小泉 エンジニアの先輩たちは、やりたいことがあればやりたいと意思表示するし、スケジュールなどで難しければノーとはっきり言っているのが印象的です。
  • 座間 自分の意見をはっきり伝えることがチームで働くうえでは大切なんだ。やりたいことがあって説得力を持ってやりたいと言えば、基本的にはダメとは言わないよ。
  • 小泉 はい。僕も積極的に声を上げていきますね。
  • 座間 小泉くんは、はっきり言ってくれるので助かるよ。説明が分からないときは分からないと言ってくれるので、分かるように丁寧に説明するようになったしね。
  • 佐藤 穂積さんからは、何かを伝えるときに相手のことを意識することが大切だとよく言われるんです。学生向けの資料を作るとき、AWSの技術をエンジニア目線で説明していて、「これ、誰向けだっけ」と指摘されたことがあります。
  • 穂積 「相手を意識しなさい」というのは新入社員だから言うのではなくて、仕事をするうえで必要なスキルなんだよ。後輩に指摘することで自分も忘れてはいけないと思っている。
  • 佐藤 資料作りのサポートをしてもらったおかげで、常に「これ誰に伝えるんだっけ」と、意識するようになりました。
  • 穂積 佐藤くんが作る資料を見て、シンプルに作ったほうが見やすいと、後輩からもフィードバックをもらっているんだ。

やりたいことを任せてもらえるから
成長できる

  • 小泉 BIGLOBEの魅力は、やっぱり自由度が高いところですね。やりたいと手を挙げれば任せてもらえるし、勉強するにしても周りの人がサポートしてくれます。
  • 佐藤 声を上げればやらせてもらえる会社だけど、やりたいことが決まらず迷っている人にとっても、上司がアドバイスしてくれて成長できる環境がありますよ。
  • 穂積 やりたいことをやるというのは、そのぶん責任も重大になってくる。今年入社した小泉くんは、知的好奇心が旺盛だから期待しているよ。
  • 小泉 自分から積極的に学ばないと、手に入れたいものは手に入らないと思うので、みんなに頼られるエンジニアを目指して成長していきたいです。
  • 座間 BIGLOBEはルールでがんじがらめに縛るんじゃなくて、みんなで一緒にルールを作っていく会社。積極的に行動する人にとって、やいがいのある職場だね。
  • 佐藤 僕もこれから自分の市場価値を上げるためにいろんな経験をしていきたい。エンジニアとしてのスキルを磨くことはもちろんだけど、技術的なことに加えて人前で話すスキルも身につけたいです。
  • 穂積 そのモチベーションの強さが大切。なんとなくやりたいではなく、こう思うからぜひやらせてほしいという姿勢で仕事に向かう人なら、きっと成長していけるよ。

実施日時 2021年9月

COLUMN コロナ禍の働き方

リモートワークでも
孤独感を抱かせない工夫があるから安心

  • 佐藤 リモートワークのいいところは自由な裁量で仕事ができるところですね。仕事が煮詰まったら自由に休憩をとれるから気分転換ができる。その反面、コーチの穂積さんが隣にいないので、分からないところをすぐ聞けないのがデメリットですかね。
  • 穂積 そうだね。オンライン会議に入ってしまうとアポが取りづらいよね。不安を解消するため、1対1のコミュニケーションを大事にしている。毎日30分の1on1をやって、課題や不安を翌日に残さないようにしているんだ。
  • 小泉 僕は一人暮らしなので、リモートワークだと仕事とプライベートの境目がなくなるのが悩みかも。一方、電車通勤がないのでラクだし、時間的な余裕ができるのはメリット。本を読んで勉強の時間にしています。
  • 座間 小泉くんの場合は、普通に出社していたら席が隣同士なので、すぐに聞けないもどかしさはあると思う。でも、エンジニアの主な仕事はパソコンを使ったデスクワークなので、リモートで同一画面を見ながら進行するペアプログラミングを採用したり、逆に良くなった面もあるよね。
  • 佐藤 リモートワークだと、チーム以外の人と交流する機会があまりないのが悩みです。
  • 小泉 確かに、出社していたら通りすがりに別の部署の人と顔を合わせることもあるかもしれませんね。
  • 穂積 そんな声を聞いたのでオンライン上でゲームをやって、初めての人同士が打ち解けられる機会をつくったんだ。新人の子たちは結果として社内に知り合いが増えたと喜んでくれたよ。僕が佐藤くんを誘ったとき、仕事があるので参加できませんと言われたときは申し訳なかったけどね(笑)。
  • 一同 (笑)
  • 座間 新人がどうすればチーム外の人と交流できるかをサポートするのが僕たちコーチの役割だね。今はいろんな打ち合わせに参加してもらう機会を増やしているから、そこで社内の雰囲気をつかんでほしいな。
  • 小泉 はい。BIGLOBEに早くとけ込めるようがんばります。