プレスルーム

プレスリリースBIGLOBE
BIGLOBEが仮想化したデータセンター上で社内システムを構築
~OpenFlowやVXLANで実現したSDNにより複雑なネットワークも約10分で構築可能に~
2013年9月12日

NECビッグローブ株式会社

NECビッグローブ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役執行役員社長:古関 義幸、以下BIGLOBE)は、自社のデータセンターにおいて、サーバリソースとネットワークリソースの双方をソフトウェアで制御するデータセンターの仮想化を実現し、本年4月より運用を開始しています。BIGLOBEでは本基盤を活用し、「会員認証基盤管理システム」や「性能監視システム」などの社内システムを構築し、運用を開始いたしました。

BIGLOBEデータセンターでは、既に実現していたサーバの仮想化に加え、ネットワークも仮想化することで、インフラ(サーバ・ネットワーク)構築期間を約2週間から約10分へと大幅に短縮しました。ネットワークの仮想化にあたっては、OpenFlowとVXLANを組み合わせてSDN(Software-Defined Networking)化したほか、サーバとネットワークを一括制御するためのクラウドコントローラー「momiji」を、オープンソースを活用して独自に開発いたしました。

仮想化したBIGLOBEデータセンター上で構築した主な社内システムは下記の通りです。

1.複雑なネットワーク設計が必要な「会員認証基盤管理システム」の新規構築

目的ごとにデータベースへのアクセス経路を細分化し、不正なアクセスや攻撃から重要なデータを守る管理システムを新規に構築(参考資料)。会員情報やアクセスログ、課金情報といった情報に対するアクセスをネットワークのレイヤで分割し、さらにファイアウォール機能でアクセスコントロールをする複雑なネットワークを仮想ネットワークで実現。BIGLOBEデータセンターでは、仮想化により、従来手動で行っていたネットワーク構築作業を自動化し、Web上で約10項目を入力するだけでインフラ構築が可能となった。これにより、2週間を要していた構築期間を約10分へと大幅に短縮。

2.データセンターの安定運用を維持する「性能監視システム」の増強

BIGLOBEデータセンター内のサーバやネットワーク機器のトラフィック量、CPU利用率、装置の故障などを監視し、データセンターの安定した運用を維持するためのシステムを増強。今回は増強分を仮想化したBIGLOBEデータセンター上に構築し、安定稼働を確認。今後は、すべての「性能監視システム」を仮想化したBIGLOBEデータセンター上に移行していく予定。これにより、システムの増強が容易になり、事業環境の急激な変化にも柔軟に対応可能になる。

BIGLOBEでは、このほかにも、ストレージやネットワークの性能監視システム、設定自動化システムなどを構築しています。また、OSのサポート期限切れに伴い再構築が必要となった業務システムも本基盤を活用して再構築しており、社内システムの保守運用工数を大幅に削減いたしました。

今後は、BIGLOBEが個人のお客様向けに提供するすべてのサービス/アプリを仮想化したBIGLOBEデータセンター上に構築してまいります。これにより、利用者のニーズや市場環境の変化に柔軟に対応したよりよいサービスを実現していきます。また、企業のお客様向けには新しいIaaS型サービスを提案してまいります。

BIGLOBEは“心をつなぐインターネット”を通して、お客様一人ひとりのかなえたい想いを実現してまいります。

以上

※記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

(参考資料)

「会員認証基盤管理システム」のイメージ
「会員認証基盤管理システム」のイメージ

アーカイブ

最新情報

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

アニメニュース(2013年3月以前)