プレスルーム

プレスリリースBIGLOBE
2011年12月15日

NECビッグローブ株式会社
日本電気株式会社

ツイッターリアルタイム分析サービス

NECビッグローブ株式会社(以下、BIGLOBE)は、本日より放送事業者向けに「ツイッターリアルタイム分析サービス」( http://kandoreport.jp/ )の提供を開始します。本サービスは、初期費用15万7500円(税込)、月額費用21万円(税込)から提供いたします。

「ツイッターリアルタイム分析サービス」は、BIGLOBEが、NECの中央研究所の技術を活用して提供しているソーシャルメディア分析サービス「感°Report(かんどれぽーと)」を放送局向けにカスタマイズし、提供するものです。本サービスでは、指定した番組に関するツイート件数や評判(ポジティブ/ネガティブ)をウェブ上で、タイムリーに確認することができるほか、ツイート原文を確認することも可能です。

BIGLOBEでは、本サービスの提供開始にあたり、株式会社フジテレビジョンの協力の下、本年5月から約7カ月にわたって実証実験を行ってまいりました。「ツイッター上でツイート内容を分析(ソーシャルメディアリスニング)することで、今までのマーケティングから得られたものとは違った視点の“番組の評判”、“視聴者のニーズ”、“番組の楽しみ方”などをよりタイムリーに把握することができる」という点が評価され、このたび第一号として同社に採用され、『笑っていいとも!』『私が恋愛できない理由』『めちゃ×2イケてるッ!』などの分析を行っています。

「ツイッターリアルタイム分析サービス」の特長は以下の通りです。

  1. ツイート件数や評判の推移が、ひとめでタイムリーにわかる
    ツイート件数、ユニークユーザ数、評判(ポジティブ/ネガティブ)の推移や、急増したトピックワードやハッシュタグを5分間隔でモニタリングできる。集計結果は、ウェブ上でいつでも確認できるほか、日次・週次・月次単位で、CSVファイル形式でダウンロードし、番組制作担当へのフィードバックや社内報告書として活用することができる。
  2. 原文の確認により、評判の要因や盛り上がりのポイントがわかる
    集計結果だけでなく、ツイートの原文を確認することもできる。集計データと組み合わせて分析することで、番組の評判と要因、ツイートが盛り上がった時間帯とポイントなどを把握することが可能。
  3. テレビ番組ならではのチューニングと即時性に対応
    テレビ番組は、略語や表記揺れのある番組名、タレントの名前などでツイートされるため、取りこぼしをなくし、無関係なツイートをフィルタリングするためには、きめ細かいチューニングが必要。「感°Report」の提供を通じて培ってきたノウハウを活用し、BIGLOBEが事前にチューニングすることで、高精度な分析を実現。また、視聴者の声を即時に取入れたいという放送局ならではのニーズに応え、ツイート件数の推移を5分間隔でタイムリーに更新。さらに、“番組への感想をツイートする”、“つっこみをいれる”など、番組の楽しみ方や思いの深さを測る指標のひとつとして、ツイート文字数の集計値を提供。

BIGLOBEとNECは、本サービスを放送業界向けに拡販し、今後1年間で50社への提供を目指してまいります。

以 上

※記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。
「ツイッターリアルタイム分析サービス」に関するお客様からの問い合わせ先

NECビッグローブ株式会社 メディアサービス事業部
サービスクリエイトグループ  渡辺、松村
kando@bcs.biglobe.ne.jp

アーカイブ

最新情報

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

アニメニュース(2013年3月以前)