プレスルーム

プレスリリースBIGLOBE
2011年11月21日

NECビッグローブ株式会社
日本電気株式会社

 バレーボールワールドカップ2011 サイトイメージ

NECビッグローブ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役執行役員社長:古関 義幸、以下BIGLOBE)は、フジテレビ向けに、「バレーボールワールドカップ2011」を応援する“全日本ツイッター応援ページ”を制作し、提供いたしました。
(女子: http://tr.twipple.jp/wcvb2011/japanwomen.html
(男子: http://tr.twipple.jp/wcvb2011/japanmen.html

“全日本ツイッター応援ページ”は、BIGLOBEのソーシャルメディア分析サービス「感°Report(かんどれぽーと)」によって制作するもので、Twitterに投稿された全日本代表(男子・女子)の選手40名、監督2名に関するツイートを集約・分析して提供します。Twitterに投稿されたデータを集計し、誰もが楽しめるコンテンツとして提供することで、ソーシャルサービス上で視聴者同士が共感し、盛り上がりながらテレビで「バレーボールワールドカップ2011」を観戦することが可能になります。なお、フジテレビでは、“イマつぶ”においても「バレーボールワールドカップ2011」のソーシャルメデイア展開を行っています。

“全日本ツイッター応援ページ”の特長は以下の通りです。

  1. 大会に関連するツイートを集約。誰もが試合を見ながら、ツイートで盛り上がれる
    選手や試合に関するツイートをハッシュタグと選手名によって集約し、リアルタイムに提供。大会に関するツイートを絞り込んで提供するため、Twitterの利用に慣れていない視聴者も、大会に関する他の視聴者のツイートを手軽に閲覧できる。また、ハッシュタグを入れた投稿が手軽にできるツイートボタンも提供。これにより、誰もが試合を視聴しながら、応援ツイートを投稿したり、プレーに対するツイートを閲覧するなど、視聴者同士で盛り上がることができる。
  2. ツイート数の推移やキーワードにより、注目の選手がわかる
    ツイート件数の推移、多く使われた話題のキーワードなどを選手別にまとめて提供。ツイート数ランキングから、活躍した選手が分かるほか、キーワードからは、他の視聴者がどんなプレーに対してツイートを投稿したかなどが分かる。女子大会では、3位に新鍋選手、6位に岩坂選手がランクインするなど、新たなヒロインに注目が集まったことがランキングから分かった。

本ページは、大会が開幕した11月4日から公開しており、最終戦までもつれこんだものの、日本代表が惜しくも本大会でのオリンピック出場権の獲得を逃した女子大会では、約47,000件を超える応援ツイートで盛り上がりました。本サイトでは、引き続き男子大会も応援してまいります。

女子代表チームのツイート数ランキングでは、開催前から活躍が期待されていた木村選手が「木村沙織はさすがエースって感じ!」など、好プレーを称える内容を中心に約7,200件のツイートを集め1位になりました。2位には、狩野選手がランクインし、2度のアキレス腱断裂を乗り越えて代表に復帰したにもかかわらず、セルビア戦から欠場してしまったことを受け、努力を評価する声、復帰を願う応援メッセージなどが約5,200件集まりました。3位には、新鍋選手がランクインし、タレントと名前やルックスが似ていることや「ゴムヘアバンド姿がかわいい!」といったツイートが目立ったほか、中国戦の敗北で涙した姿に「悔し涙にもらい泣きしそうになった」といったツイートも多数投稿されました。また、Vリーグのチームメイトであり、同い年である岩坂選手と一緒につぶやかれることが多いといった特徴がみられました。

昨今、Twitterをはじめとするソーシャルサービスを活用したマーケティングに対する企業の関心が高まっています。BIGLOBEでは、従来から、NEC中央研究所のテキストマイニング技術を活用した「感°Report」の提供により、食品メーカーにおける広告の効果測定や、アミューズメントパークにおけるソーシャルCRMの活動を支援してまいりました。こうした実績やノウハウを活かし、今後もNECと連携しながら、放送局をはじめ、様々な企業のソーシャルメディア活用を支援してまいります。

以 上

※記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。
「感°Report」に関するお客様からの問い合わせ先

NECビッグローブ株式会社
メディアサービス事業部 サービスクリエイトグループ  渡辺、松村
E-Mail:kando@bcs.biglobe.ne.jp

アーカイブ

最新情報

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

アニメニュース(2013年3月以前)