プレスルーム

プレスリリースBIGLOBE
2011年8月8日

株式会社テイクオフ
NECビッグローブ株式会社

 

宇宙戦艦ヤマト バトルカード

QRコード

http://mpf.gree.jp/1381
※ゲームを遊ぶには会員登録が必要です。


株式会社テイクオフ(本社:東京都調布市、代表取締役:堀田 幸宏、以下テイクオフ)は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス「GREE」に提供しているオンラインソーシャルゲーム「宇宙戦艦ヤマト バトルカード(注1)」のサービス開発・運用基盤に、NECビッグローブ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役執行役員社長:古関 義幸、以下BIGLOBE)の「BIGLOBEクラウドホスティング」を採用しました。

( http://business.biglobe.ne.jp/hosting/cloud/ )

テイクオフは、本年5月から携帯電話で利用できるソーシャルゲーム「宇宙戦艦ヤマト(復活篇) バトルカード」を展開してまいりました。このたび更なるユーザ獲得を目指し、本年7月29日より「宇宙戦艦ヤマト(イスカンダル篇) バトルカード」の提供を開始しました。「BIGLOBEクラウドホスティング」を活用したことで、スモールスタートでユーザ数の増減に応じてリソースを調整するという効率的な開発・運用で初期投資と運用コストを抑えたほか、安定したサービス提供を実現しています。

このたびテイクオフが採用したサービス開発・運用基盤の特長は以下の通りです。

  1. フレキシブルなリソース変更により、効率的な運用を実現
    「BIGLOBEクラウドホスティング」を活用することにより、自社内での大規模なサーバ構築が不要なほか、開発・評価・サービス開始などに合わせて必要な時にタイムリーなリソース確保が可能なため、システム投資を最低限に抑えることができる。さらにサービス開始後も、アクセス数の増減に応じてリソースを調整することで、システムの最適化を図り運用の効率化を実現。
  2. SLA99.99%により、安定したサービスを提供
    サーバ稼働率99.99%の品質保証を実現する信頼性の高いBIGLOBEのクラウド基盤上でサービスを運用するため、ユーザに安心してサービスを提供できる。さらにCPUやメモリなど、サーバスペックのバリエーションが豊富な「BIGLOBEクラウドホスティング」を活用することで、高性能のサーバが使用できるとともに、必要に応じてリソースを即時に増設できることから、快適なオンラインゲーム環境を維持できる。

「宇宙戦艦ヤマト バトルカード」は、本展開を皮切りに、今後もスマートフォン対応やプロモーションの強化を図りながら更なるユーザ獲得を目指してまいります。テイクオフは、今後も信頼性の高い「BIGLOBEクラウドホスティング」を活用し、趣向性のある多種多様なソーシャルゲームの提供やユーザにとって魅力あるオンラインゲームを提供してまいります。また、エンターテインメントのみならず、人をつなぎ未来をつくるゲームと医療、介護分野などとの融合のほか、アジアといったグローバル展開を視野に入れた本格的な「ソーシャルメディアコンテンツ」を創出、プロデュースしてまいります。

BIGLOBEは、本年1月に「BIGLOBEクラウドホスティング」を提供後、累計200社を超える受注(2011年7月時点)があり、Webサービス、フロントオフィス業務のほか、アプリケーション開発といった領域での利用が増えておりました。今後も「BIGLOBEクラウドホスティング」において機能強化を図るとともに、企業のクラウド利用を強力に支援してまいります。なお、東京ゲームショウ2011(2011年9月15日~16日ビジネスデイ)において、本事例を展示いたします。
( http://tgs.cesa.or.jp/ )

以 上

(注1)
宇宙戦艦ヤマトバトルカードは、1970年代~80年代にかけて一大ブームを巻き起こし、今でも根強い人気を誇るSFアニメ「宇宙戦艦ヤマト」とその最新作「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」の戦艦やキャラクターなどをカードにした、本格的なソーシャルカードバトルゲームです。
*ゲームの詳細( http://www.takeoff-inc.jp/ )

※本文に記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NECビッグローブ株式会社 ビジネスサービス事業部  中島、倉津
E-Mail: bizinfo@bcs.biglobe.ne.jp

アーカイブ

最新情報

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

アニメニュース(2013年3月以前)