プレスルーム

プレスリリースBIGLOBE
ドリームボート、LAN/WANを通じてデータの共有を実現するためのミドルウェア製品 「SkeedDataPool(TM)」を発表
2011年1月24日

株式会社ドリームボート
NECビッグローブ株式会社

株式会社ドリームボート(本社:京都市中京区、代表取締役:明石 昌也 以下、ドリームボート)は、高い読み取り性能を実現する、分散キャッシュミドルウェア製品「SkeedDataPool(TM)」をリリースいたしました。なお、製品化にあたっては、NECビッグローブ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役執行役員社長:飯塚 久夫、以下BIGLOBE)のデータセンター上で性能を評価し、製品の品質向上を実現いたしました。

「SkeedDataPool(TM)」は、LAN/WANを通じてデータの共有を実現するためのミドルウェア製品です。大量のデータを遠隔地を含む多数のメンバー/マシン間で共有しなければならないというニーズは、ビジネスにおいてますます高まっています。しかし、既存のファイルサーバーやネットワークストレージでは、遠隔地間においてファイル共有を実現するためにはレプリケーションが必要となり、また、多数のクライアントから、サーバへアクセスする際のネットワーク経路がスループット上のボトルネックになりがちでした。
「SkeedDataPool(TM)」は、P2P技術を活用したドリームボートの独自技術であるSkeedテクノロジー(注1)を最大限に活用することによって、遠隔地を含む多数のマシン間において、管理および拡張が容易で、極めて高い読み取り性能を持つ単一のファイルシステムの構築を可能といたします。

■「SkeedDatePool(TM)」の特長

  1. ハイパフォーマンス
    クラスターを構成する各ノードには、NFS、CIFS、FTP、HTTP によってアクセスすることができますが、専用のクライアントソフトウェアを通じて「SkeedDataPool(TM)」 にアクセスすることで、クライアントにもキャッシュを蓄積し、クライアント間でそのデータを転送し合うことができます。これにより、同一ファイルの読み取りがしばしば要求されるような利用局面におけるターンアラウンドタイムおよびスループットは、極めて良好なものとなります。
  2. クライアントOSのファイルシステムにマウント可能
    「SkeedDataPool(TM) 」のクライアントソフトウェアは、OSのファイルシステムに直接マウントすることができるため、ローカルディスクへアクセスするのと何ら変わらずに、高機能・高性能なクライアントソフトウェアを活用可能です。
  3. スモールスタートからのシームレスな規模拡大が可能
    合計4ノードの最小構成から運用を開始して、運用を一切止めることなくノードを追加し、規模を拡大することが可能です。
  4. 異種ハードウェアの混在環境で動作するミドルウェア製品
    「SkeedDataPool(TM)」は、コモディティハードウェア上にインストールすることで動作するミドルウェア製品であるため、既存のハードウェア資産を有効活用しながら導入・運用することが可能です。

「SkeedDataPool(TM)」のアーキテクチャー

「SkeedDataPool(TM)」のアーキテクチャー

■「SkeedDataPool(TM)」活用例

  • デジタルコンテンツ配信用サーバ群のバックエンドキャッシュシステム
  • デジタルアセット管理システムのストレージ
  • データセンターのネットワークストレージ

BIGLOBEでは、データセンターの取り組みとして、IT機器の効率的な運用を推進しており、P2P技術を活用したドリームボート社の独自技術であるSkeedテクノロジーをネットワークストレージへの応用することにより、データセンターの効率化が図れると早くから注目しておりました。

「SkeedDataPool(TM)」の製品化にあたっては、BIGLOBEのデータセンターを活用しながらSkeedテクノロジーのネットワークストレージへの応用検討及び、スペック検討を共同で実施するなど、本番環境に近い中でテストすることで、製品の品質向上を実現いたしました。BIGLOBEでは、本年3月より本製品の導入を検討しており、データセンターの更なる効率化を図ってまいります。

以 上


(注1)
Skeed テクノロジーとは、大容量/多数のファイルを効率良く保存、管理、送受信するためのドリームボート独自技術群の総称です。
(1) 多数のマシン間における協調動作の実現
(2) キャッシュおよびプロキシによる高速なレスポンスの実現
(3) 各種の独自プロトコルによる、高性能かつ信頼性の高いファイル転送
(4) 暗号技術の活用による厳密なセキュリティおよび整合性の確保
を実現します。

※記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

株式会社ドリームボート
URL: http://www.dreamboat.co.jp/
2005年4月設立以来、分散コンピューティング分野における卓越したノウハウ・技術力を生かし、独自アーキテクチャーによる通信基盤ソフトウェア製品を開発して参りました。当社のテクノロジーが提供する安全・確実かつ高速な通信技術は、データ通信の大容量化・ユビキタス化・グローバル化といったクラウド時代のニーズを先取りし、急速に拡大するクラウドコンピューティング市場に対して代替不可能な価値を提供しております。
本件に関するお客様からの問い合わせ先

株式会社ドリームボート  営業部
TEL: 03-5487-1032   FAX: 03-5487-1037
E-Mail: press@dreamboat.co.jp

アーカイブ

最新情報

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

アニメニュース(2013年3月以前)