プレスルーム

お知らせBIGLOBE
20代と30代「在宅勤務が前提なら移住検討」4割弱
BIGLOBEが「ニューノーマルの働き方に関する調査」第1弾を発表
~成果を出していれば勤務時間管理をしなくても良いと思う3割強~
2020年10月1日

ビッグローブ株式会社

BIGLOBEは、「ニューノーマルの働き方に関する調査」を実施しました。本日、調査結果の第1弾を発表します。

本調査は、全国の20代~50代の男女1,500人(20代~50代の社会人1,200人、20代の学生300人)を対象にアンケート形式で実施しました。調査日は2020年9月10日~9月14日、調査方法はインターネット調査です。

【調査結果のトピックス】

  1. 20代と30代「在宅勤務が前提なら移住検討」4割弱
    全国の20代から50代の男女1200人に「在宅勤務が前提となった場合に、移住を検討したいと思うか」を質問すると、全体では「検討したい」(13.6%)、「やや検討したい」(17.3%)と回答。若い世代ほど移住への関心が高く、「検討したい」「やや検討したい」を合わせると、20代は36.7%、30代は35.3%という結果となった。
  2. 在宅勤務者「在宅中心の働き方に満足」9割弱
    全国の20代から50代の、現在週3日以上在宅勤務をしている男女400人に「現在の在宅中心のワークスタイルに満足しているか」を質問すると、「満足」(38%)、「まあ満足」(49%)と回答。在宅中心のワークスタイルの満足度が高い結果となった。
  3. 「成果を出していれば勤務時間管理をしなくても良いと思う」3割強
    全国の20代から50代の在宅勤務を経験した男女800人に「在宅勤務を経験して、働く時間について感じたこと」を質問したところ、「成果を出していれば勤務時間管理をしなくても良いと思った」が32.9%と最多。「毎日8時間などの固定ではなく時間単位の勤務をしたいと思った」(28.8%)、「早朝や深夜など自分のライフスタイルの好みに合わせて仕事をしたいと思った」(26.4%)と続いた。

【調査結果詳細】

1. 20代と30代「在宅勤務が前提なら移住検討」4割弱

全国の20代から50代の男女1200人に「今後、ニューノーマルの働き方として在宅勤務が前提となった場合に、移住を検討したいと思うか」を質問すると、全体では「検討したい」(13.6%)、「やや検討したい」(17.3%)と回答。若い世代ほど移住への関心が高く、「検討したい」「やや検討したい」を合わせると、20代(36.7%)、30代(35.3%)という結果に。40代(26.6%)、50代(25%)を上回る結果となった。

また、「ニューノーマルの働き方として在宅勤務が前提となった場合に、移住を検討したいと思う理由」を質問すると、「生活費の抑えられる地方で暮らしたいから」(36.9%)、「自然の近くで暮らしたいから」(35.3%)、「趣味に近い場所で暮らしたいから」(30.7%)が上位に。さらに、「仕事場所を確保できる広い家に住みたいから」と在宅勤務ならではの住宅環境の充実も29.1%と続いた。

2. 在宅勤務者「在宅中心の働き方に満足」9割弱

全国の20代から50代の、週3日以上在宅勤務をしている男女400人に「現在の在宅中心のワークスタイルに満足しているか」を質問すると、「満足」(38%)、「まあ満足」(49%)と回答。「やや不満」(9.8%)、「不満」(3.3%)を大きく上回り、在宅中心のワークスタイルの満足度が高い結果となった。

さらに、満足している点を質問すると、「通勤・移動がないこと」が66.7%と最も多く、「自分のペースで仕事ができること」(47.7%)、「好きな服装で仕事ができること」(46%)、「隙間時間に家事や私用ができること」(42%)「余暇時間が増えたこと」(39.9%)と続き、満足している点として、時間の自由が利くことが多くの支持を集めた。

3. 「成果を出していれば勤務時間管理をしなくても良いと思う」3割強

全国の20代から50代の在宅勤務を経験した男女800人に「在宅勤務を経験して、働く時間について感じたこと」を質問したところ、「成果を出していれば勤務時間管理をしなくても良いと思った」(32.9%)、「毎日8時間などの固定ではなく時間単位の勤務をしたいと思った」(28.8%)、「早朝や深夜など自分のライフスタイルの好みに合わせて仕事をしたいと思った」(26.4%)と続き、労働時間ではなく成果を重視するジョブ型雇用への意識が明らかとなった。一方、「時間管理を厳密にしてほしいと思った」は16.1%だった。

また、全国の20代から50代の男女1,200人に「働く時間や場所がフレキシブルになったとしたら、どんなことに空いた時間帯を使いたいか」を質問すると、「趣味」が最も多く48.3%。「運動・健康増進」(36.7%)、「睡眠」(36.3%)、「家事」(29.5%)と続いた。さらに、「勉強・スキルアップ・資格取得」(26.8%)、「副業」(22.8%)と、空いた時間を積極的に活用したいという意欲が明らかとなった。

※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合があります。また複数回答可の設問があるため、合計100%を超える場合があります。

  • 調査概要
    • 調査名  :ニューノーマルの働き方に関する調査
    • 調査対象 :全国の20代~50代の男女1,500人
    • 調査方法 :インターネット調査
    • 調査期間 :2020年9月10日~9月14日

BIGLOBEでは緊急事態宣言解除後も在宅勤務を実施しています。社内外の働き方改革やイノベーション事例、それらを体現する人物を紹介するメディア「BIGLOBE Style」(https://style.biglobe.co.jp/)において、現在BIGLOBEで実施している働き方を公開しています。今後もwithコロナ時代に沿った新しい働き方を段階的にすすめてまいります。

また、「BIGLOBE Style」では、2020年9月24日に在宅勤務やリモートワーク、ワーケーションなどで注目を集めている「新しい住まいと働き方」をテーマにオンライントークイベント「BIGLOBE Styleイノベーションミーティング:オンライン」vol.1を開催いたしました。その模様は以下よりご覧いただけます。
https://style.biglobe.co.jp/entry/bsimon01

このたびのwithコロナに関する調査結果を踏まえ、BIGLOBEは、より暮らしやすい社会の実現を目指してまいります。

※記載されている会社名および商品名は各社の登録商標または商標です。

本件に関するお客さまからの問い合わせ先

BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスク
電話: 0120-86-0962 (通話料無料)
携帯電話、PHS、IP電話の場合  03-6385-0962(通話料お客さま負担)
※ 市外局番からおかけください。
電話番号は、おかけ間違えのないようにご注意ください。
https://support.biglobe.ne.jp/ask/

アーカイブ

最新情報

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

アニメニュース(2013年3月以前)