プレスルーム

お知らせBIGLOBE
デートに向いている場所、上位は「映画館」「動物園」「美術館」
BIGLOBEが「美術館に関する意識調査」第1弾を発表
~美術館が実施したら嬉しいサービスは「深夜の美術鑑賞」「所蔵品の撮影許可」~
2018年9月26日

ビッグローブ株式会社

BIGLOBEは、「美術館に関する意識調査」を実施しました。本日、調査結果の第1弾を発表します。

本調査は、インターネットを利用する方のうち、スマホを所有する全国の20代~60代の男女500人を対象にアンケート形式で実施しました。なお、それぞれの年代カテゴリは100人ずつ、性別カテゴリは50人ずつ抽出しています。調査日は2018年9月18日~9月19日、調査方法はインターネット調査です。

 

【調査結果のトピックス】

  1. デートに向いている場所、映画館(68.2%)が1位、「美術館」は5位(52.4%)
    20代から60代の男女500人に「デートに向いていると思う場所」について質問したところ、「美術館」(52.4%)は5位に。1位は「映画館」(68.2%)で、「動物園・水族館」(67.0%)、「テーマパーク」(57.0%)、「公園」(54.4%)と続いた。また、「恋人・配偶者と一緒に美術館に行く理由」は、「アクセスや所要時間などが二人で時間を過ごすのにちょうど良いから」が1位(52.2%)、2位は「美術鑑賞が共通の趣味だから」(42.6%)と続く。
  2. 美術館内での写真撮影は、7割以上が賛成
    「美術館内での許可された写真撮影をどう思いますか」と質問したところ、「賛成」が36.4%、「どちらかといえば賛成」が41.2%で、7割以上が写真撮影を支持する回答になった。男女別に見ると、女性は「賛成」が31.2%、「どちらかといえば賛成」が43.6%に対し、男性は「賛成」が41.6%、「どちらかといえば賛成」が38.8%と、女性よりも男性の方が美術館内での写真撮影に肯定的な結果となった。
  3. 30代は「深夜の美術鑑賞」「美術館での宿泊」など夜間帯の利用を望む声も
    「美術館が実施したら嬉しいと思うサービスやイベント」について質問したところ、「深夜の美術鑑賞」が43.8%で1位。さらに「所蔵美術品の全面撮影許可」も25.2%にのぼる。年代別で見ると、30代は52.0%が「深夜の美術鑑賞」、41.0%が「美術館での宿泊」と回答し、夜間帯の利用意向が他年代よりも高い回答となった。

 

【調査結果詳細】

1.デートに向いている場所、映画館(68.2%)が1位、「美術館」は5位(52.4%)

20代から60代の男女500人に「デートに向いていると思う場所」について質問したところ、「美術館」(52.4%)は5位に。「公園」(54.4%)「テーマパーク」(57.0%)「動物園・水族館」(67.0%)を抑え、1位は「映画館」(68.2%)という結果となった。「恋人・配偶者と一緒に美術館に行く理由」は、「アクセスや所要時間などが二人で時間を過ごすのにちょうど良いから」が1位(52.2%)、2位は「美術鑑賞が共通の趣味だから」(42.6%)と続く。年代別にみると、60代は53.1%が「美術鑑賞が共通の趣味だから」と回答し、全体比べて10ポイント以上高い結果となった。

 

2.美術館内での写真撮影は、7割以上が賛成

「美術館内での許可された写真撮影をどう思いますか」と質問したところ、「賛成」が36.4%、「どちらかといえば賛成」が41.2%で、7割以上が賛成との回答になった。男女別に見ると、女性は「賛成」が31.2%、「どちらかといえば賛成」が43.6%に対し、男性は「賛成」が41.6%、「どちらかといえば賛成」が38.8%と、女性よりも男性の方が美術館内での写真撮影に肯定的な結果となった。

また、「美術館でのマナーについてイライラすること」について質問したところ、「スマホによる通話」(49%)、「有名美術品の前から動かない」(47.4%)「子どもたちが騒いでいる声」(44.8%)という結果となった。男女別に見ると、女性は55.2%が「有名美術品の前からなかなか動かない」と回答し、男性を大きく上回る。

 

3.30代は「深夜の美術鑑賞」「美術館での宿泊」など夜間帯の利用を望む声も

「美術館が実施したら嬉しいと思うサービスやイベント」について質問したところ、「深夜の美術鑑賞」が43.8%で1位。さらに「所蔵美術品の全面撮影許可」も25.2%にのぼる。年代別で見ると、30代の52.0%が「深夜の美術鑑賞」、41.0%が「美術館での宿泊」と回答し、夜間帯の利用意向が他年代よりも高い回答となった。

また、「好きな美術館」について質問したところ、「国立新美術館(東京都)」(62.0%)、「国立西洋美術館(東京都)」(45.0%)、「箱根 彫刻の森美術館(神奈川県)」(32.0%)、「三鷹の森ジブリ美術館(東京都)」(22.6%)、「ポーラ美術館(神奈川県)」(19.0%)、「金沢21世紀美術館(石川県)」(13.6%)という結果に。性年代別に見ると、30代男性は74.0%が「国立新美術館(東京都)」と、他の性年代に比べ上回った。

 

※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合があります。また複数回答可の設問があるため、合計100%を超える場合があります。

  • 調査概要
    • 調査名  :美術館に関する意識調査
    • 調査対象 :インターネットを利用する方のうち、スマホを所有する全国の20代~60代の男女500人
    • 調査方法 :インターネット調査
    • 調査期間 :2018年9月18日~19日

BIGLOBEは、本調査において「好きな美術館」で1位となった国立新美術館にて本日より開催となる「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」に協賛しています。
http://bonnard2018.exhn.jp/

 

※記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

本件に関するお客さまからの問い合わせ先

BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスク
電話:(0120)86-0962 (通話料無料)※携帯電話・PHS可
IP電話など上記番号が利用できない場合
電話:(03)6385-0962 (通話料お客さま負担)
https://support.biglobe.ne.jp/ask/

アーカイブ

最新情報

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

アニメニュース(2013年3月以前)