プレスルーム

お知らせBIGLOBE
2014年3月28日

NECビッグローブ株式会社

https://itunes.apple.com/jp/app/id823471294?mt=8

BIGLOBEは、辞書アプリ「大辞林」をiPhone・iPad向けに提供開始いたします。三省堂刊行「大辞林」書籍の価格は8,190円(税込)(注1)に対して、本アプリは期間限定の発売記念セールとして1,500円(税込)で提供いたします。なお、Android版は既に提供しており、GooglePlay(TM)、Amazon Android アプリストアでも発売記念セールを実施中です。

本アプリは、1988年以来、文字・活字文化を支える基本辞典であるとともに、日本語の姿を映し出すことをコンセプトとした大型[国語+百科]辞典の最高峰『大辞林』を完全収録したオフライン辞書アプリです。紙の辞典の醍醐味である“言葉を散策する楽しみ”を取り入れながら、アプリならではの高い操作性や持ち運びやすさを実現し、紙の辞書の感覚と電子辞書機能の良さを融合しています。

本アプリの概要および特長は下記のとおりです。

■概要

  • アプリ名称 : 大辞林
  • 販売価格 : 1,500円 <2,600円(税込)>
    ※2014年4月27日までの発売記念セール価格。括弧内はセール終了後の販売予定価格。
  • 提供マーケット : App Store
    https://itunes.apple.com/jp/app/id823471294?mt=8
  • 収録コンテンツ :
    スーパー大辞林 3.0
    • 総収録数:約263,000項目(現代語、古語、固有名詞や百科語を含む)
    • 語の用法や歴史についての注釈など、類書に較べて、懇切丁寧で詳しい解説。
    • 朗読などに便利なアクセント表示。

■アプリ画面イメージ

辞書アプリ「大辞林」

■特長

  1. 本をめくる感覚をそのままに、誰でも使いやすい「インデックス画面」「縦書き表示」
    紙の辞書のように指先でパラパラと言葉を探す「インデックス画面」を採用しています。見出し語の横には本文を”チラ見せ”するため、似た言葉もひと目で見分けることができます。またアプリ中のほとんどの画面では日本語が見やすい「縦書き表示」を実現しています。
  2. 探したい言葉がすぐに見つかる「タップして検索」「インクリメンタルサーチ」「手書き検索」
    説明文の中で詳しく知りたい単語に出会ったときは、その単語を軽くタップするだけで、意味を調べることが出来ます。また、検索画面では言葉の一部分を入れるだけで結果を表示する「インクリメンタルサーチ」や、「前方・後方・完全一致」などの多様な検索方法により、目的の単語まですぐにたどり着くことが出来ます。さらに、読みが分からない漢字の検索に便利な「手書き検索」にも対応しています。
  3. 使えば使うほど、自分だけの辞書になる「マーカーメモ」「しおり」「履歴」
    気になる言葉には「マーカーメモ」で蛍光ペンのように色を付けるだけでなく、自分のコメントも残すことができます。また何度も見返したい言葉には「しおり」を挟んだり、過去に調べた言葉は閲覧回数とともに「履歴」画面に残すことができるため、簡単に振り返ることができます。
  4. 手軽な持ち運び、オフラインでの利用により、どこでも利用可能
    膨大な量の情報を、重さを気にせず持ち歩けるため、分からない言葉をその場で調べられます。またオンラインである必要ないので、圏外でも利用でき、通信による電池消費も抑えることが出来ます。

ビッグローブ辞書では、三省堂のベストセラー国語辞典「新明解国語辞典 第七版 公式アプリ」、「ウィズダム英和・和英辞典 公式アプリ」や、旺文社のロングセラー教材「英単語ターゲット1900」など、現在15タイトル以上の辞典と語学アプリを提供しています。今後はさらに辞典の対応言語や学習の対応分野も拡充し、利用者の学習をサポートしてまいります。

BIGLOBEは“心をつなぐインターネット”を通して、お客さま一人ひとりのかなえたい想いを実現してまいります。


(注1)
表示の金額は2014年3月時点の消費税率に基づく税込金額です。
2014年4月以降は引上げ後の消費税率に基づく税込金額となります。

 

※記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

本件に関するお客様からの問い合わせ先

BIGLOBEコンテンツ事務局
E-Mail(iOS版): pipli.i@bcs.biglobe.ne.jp

アーカイブ

最新情報

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

アニメニュース(2013年3月以前)