プレスルーム

お知らせBIGLOBE
2014年2月3日

NECビッグローブ株式会社

http://shikaku.biglobe.ne.jp/sankoku7/

BIGLOBEは、「三省堂国語辞典 第七版 公式アプリ」をAndroid(TM)向けに提供を開始いたします。三省堂刊行「三省堂国語辞典 第七版」の書籍は3,045円(税込)(注1)に対して、本アプリは1,600円(税込)で提供いたします。また、「三省堂国語辞典 第七版」の書籍購入者を対象に、本アプリを優待価格の800円(税込)で購入できる「【優待版】三省堂国語辞典 第七版 公式アプリ」を提供いたします。なお、iPhone/iPad 向けには3月上旬に提供予定です。

本アプリは、日常つかう言葉で「要するにそれは何か」が分かる、簡潔かつやさしい説明で“生きのよい現代語を活写”する辞典として定評ある『三省堂国語辞典 第七版』を完全収録したオフライン辞書アプリです。紙の辞典の醍醐味である“言葉を散策する楽しみ”を取り入れながら、アプリならではの高い操作性や持ち運びやすさを実現し、紙の辞書の感覚と電子辞書機能の良さを融合しています。

本アプリの概要および特長は下記のとおりです。

 

■概要

  • アプリ名称 : 三省堂国語辞典 第七版 公式アプリ
  • 販売価格  : 1,600円(税込)
    書籍購入者は、GooglePlayで優待アプリを800円(税込)でご購入いただけます。優待アプリのご購入方法は、提供サイトをご参照ください。
    【優待版】三省堂国語辞典 第七版 公式アプリ
    http://shikaku.biglobe.ne.jp/sankoku7_sale/
  • 提供マーケット : Google Play
  • 収録コンテンツ
    • 総収録数:約82,000項目(社会常識語約3,200項目を含む)
    • 他の辞典にはない新語・カタカナ語・新用法も多数収録 ※新規追加語は約4,000項目
      例えば、笑うことをあらわす文字として「w」、Twitter用語の「なう」、ほしかったものが手に入ったことをあらわす「キター!」などを新たに収録しています。
    • 活用表(口語・文語)、漢字・難読語一覧など、書籍の付録も完全収録

 

■アプリ画面イメージ

三省堂国語辞典 第七版 公式アプリ 画面イメージ

 

■特長

  1. 紙の辞書の使い勝手の良さを再現した「縦書き表示」「インデックス」
    五十音順の索引から指を差し入れ、新しい言葉と出会うのも辞書の醍醐味です。アプリでも索引を「インデックス」として再現し、検索結果は日本語が見やすい「縦書き表示」に対応しています。
  2. アプリならではの「マーカーメモ」
    自分のコメントを記録する、アプリならではの高い操作性を実現しました。気になる言葉や用例を選択し、指で蛍光ペンのようにマーキングして記録しておくこともできます。
  3. 手軽な持ち運び、オフラインでの利用により、どこでも利用可能
    大きさや重さを気にせず手軽に持ち歩けるため、分からない言葉をその場で調べるなど、機会を失わず効果的に学習できます。また、通話圏外になる場所でも利用できます。
  4. 言葉の探究心を満たす「検索機能」
    うろ覚えの言葉でも、インクリメンタルサーチをはじめ「前方一致」「後方一致」「完全一致」、「五十音検索」、「インデックス検索」などの多くの検索方法で容易に検索可能です。また、検索・表示した単語は閲覧回数とともに履歴に残るため、履歴画面から見返すこともできます。

 

ビッグローブ辞書では、三省堂のベストセラー国語辞典「新明解国語辞典 第七版 公式アプリ」、「ウィズダム英和・和英辞典 公式アプリ」や、旺文社のロングセラー教材「英単語ターゲット1900」など、現在15タイトル以上の辞典と語学アプリを提供しています。
今後はさらに辞典の対応言語や学習の対応分野も拡充し、利用者の学習をサポートしてまいります。

BIGLOBEは“心をつなぐインターネット”を通して、お客様一人ひとりのかなえたい想いを実現してまいります。


(注1)
表示の金額は2014年2月時点の消費税率に基づく税込金額です。
2014年4月以降は引上げ後の消費税率に基づく税込金額となります。

 

※記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NECビッグローブ  コンテンツ事務局
電話:03-6479-5705 (平日 10:00~17:00)
E-Mail(Android版): pipli.a@bcs.biglobe.ne.jp

アーカイブ

最新情報

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

アニメニュース(2013年3月以前)