プレスルーム

お知らせBIGLOBE
2011年5月9日

NECビッグローブ株式会社

http://www.gakuseieigasai.jp/

BIGLOBEとTOHOシネマズが主催する「第5回TOHOシネマズ学生映画祭」の決勝が5月8日に行われ、グランプリが決定いたしました。
本映画祭は、“ショートフィルム部門”、“短編アニメーション部門”、60秒以内で与えられた題材を宣伝する“CM部門”の3部門からなっており、全国各地(海外留学生からも含む)から合計176作品が集まりました。

“ショートフィルム部門”のグランプリには副賞として30万円、準グランプリに20万円、“短編アニメーション部門”と“CM部門”のグランプリには20万円、準グランプリには10万円がそれぞれ授与されました。特別賞のロボット賞には、5万円と株式会社ロボットの映像企画に参加できる権利が授与されました。

このたびの受賞作は下記の通りです。

ショートフィルム部門グランプリ 「恐竜いらない」
ショートフィルム部門準グランプリ 「カンニングペーパー」
短編アニメーション部門グランプリ 「rain town」
短編アニメーション部門準グランプリ 「Supernova」
CM部門グランプリ 「ももよりつぶやき」
CM部門準グランプリ 「そして伝説へ」
特別賞・ロボット賞 「rain town」
(短編アニメーション部門グランプリとW受賞)

“CM部門”では、BIGLOBEが運営するツイッターアプリ「ついっぷる」を題材に、学生監督によるオリジナリティ溢れる「ついっぷる」のCMが作られました。

CM部門グランプリ「ももよりつぶやき」 監督 University of Central Arkansas 天野 亜矢香さん(左) CM部門準グランプリ「そして伝説へ」 監督 九州大学大学院 光益 義幸さん(右)

「TOHOシネマズ学生映画祭」は、“学生による学生のための映画祭”であり、「つながる」のコンセプトのもと、学生が主体的に企画立案から運営までを実施するものです。第5回となる今回は、学生団体同士のつながりに加え、ソーシャルメディアを活用したプロモーションの実施などにより、都内最大級のシネコンであるお台場シネマメディアージュで行われた決勝には600人以上の観客が足を運びました。

なお、予選、決勝の各上映作品は5月18日よりオフィシャルサイトにて配信いたします。
現在は、第4回、第3回の作品を配信しております。

TOHOシネマズ学生映画祭
http://www.gakuseieigasai.jp/
「学生による学生のための映画祭」をコンセプトに、TOHOシネマズとBIGLOBEが主催し、全国から応募された学生監督作品を上映、学生実行委員が企画・運営する映画祭で、今年で第5回を迎える。
TOHOシネマズのシネコンを会場にすることで、他の映画祭では類を見ない巨大スクリーンで上映することができる。また映像業界の第一線で活躍するプロが審査員を務めるのも特徴のひとつ。

TOHOシネマズ学生映画祭BIGLOBETOHOシネマズ

BIGLOBEは、一人ひとりの“かなえたい想い”を実現するサービスパートナーとして、最新技術の活用や多様なコラボレーションにより、魅力的なサービスを提供してまいります。

※記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

本件に関するお客様からの問い合わせ先

BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスク
電話:(0120)86-0962 (通話料無料)
携帯電話など上記番号が利用できない場合
電話:(03)6385-0962 (通話料お客様負担)
http://support.biglobe.ne.jp/ask/

アーカイブ

最新情報

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

アニメニュース(2013年3月以前)