プレスルーム

お知らせBIGLOBE
2011年2月4日

NECビッグローブ株式会社

http://ura-enma.jp/

BIGLOBEは、「ゴールデン・エレファント賞」2010年度大賞受賞作品『裏閻魔(うらえんま)』の4か国同時出版にさきがけ、2月4日よりネット上での一部無料配信を開始いたします。

「ゴールデン・エレファント賞」( http://geaward.jp/ )は、日本で発掘した小説を世界に向けて発信することを目的に、株式会社 枻出版社(日本)、Vertical,Inc.(米国)、上海訳文出版社(中国)、ソダム&テール出版社(韓国)の4か国の出版社が共同で主催する2009年に創設された国際的なエンタテインメント小説アワードです。審査員は日本、米国、中国、韓国の編集者等で構成されており、日本で生まれたエンタテインメント小説を、各国語版で販売すると共に、映像化やコミック化を目指すなど、小説の楽しみ方の新たな提案を行っていくものです。

BIGLOBEは、「ゴールデン・エレファント賞」の趣旨に賛同し活動のバックアップとサポートを行なう“パートナーズ”(注1)の幹事会社として、このたびの取組に参画しています。第1回大賞受賞作品『裏閻魔』(中村ふみ)が、3月4日に4か国で同時出版されるにあたり、BIGLOBEは『裏閻魔』オフィシャルサイトにて、2月4日より国内向けに小説の一部無料配信を行います。また、中国・韓国においては、日本と同時期に一部無料配信を行い、米国では3月4日よりKindleから有料販売を行います。

また、国内における他の新しい取組として、小説をモチーフにしたイメージソング「eternal love ~恋の花~」(alan)(注2)がオリジナル制作されており、本楽曲を使用したプロモーション動画(注3)をオフィシャルサイトにて2月4日より配信します。

このように、小説の無料配信、イメージソング、プロモーション動画などを活用することで、認知がされていない新人作家でもより多くの読者に小説の世界観を伝えることが可能になると考えています。BIGLOBEは、様々なアプローチで『裏閻魔』のファンを獲得し、書籍を核とした新たなビジネスモデルの構築を目指すと共に、電子書籍の海外展開拡大にむけたノウハウを蓄積してまいります。


(注1)
「ゴールデン・エレファント賞」のパートナーズは、BIGLOBEを含めて、メモリーテック株式会社、株式会社千 修、株式会社ディーツー コミュニケーションズ、日本紙パルプ商事株式会社の計5社が参画しています

(注2)
エイベックス・エンタテインメント株式会社
作曲:菊池一仁(Every Little Thing、浜崎あゆみなどに提供)
作詞:Kenn Kato(EXILE、BOA、AAAなどに提供)

(注3)
書籍の世界感を表現したオリジナル動画(枻出版社制作)

※記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です

本件に関するお客様からの問い合わせ先

BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスク
電話:(0120)86-0962 (通話料無料)
携帯電話など上記番号が利用できない場合
電話:(03)6385-0962 (通話料お客様負担)
http://support.biglobe.ne.jp/ask/

(別紙)

【作品概要】

・裏閻魔 (ゴールデン・エレファント賞 2010年度大賞受賞作)
-作者:中村ふみ (1961年 秋田県生まれ。専業主婦。大学生・高校生の母親。)
-出版社:株式会社 枻(えい)出版社、価格:1,260円(税込/日本)

時は幕末。長州藩士〈一ノ瀬 周(あまね)〉は、新撰組に追われて瀕死の重傷を負い、刺青師〈宝生 梅倖(ばいこう)〉の家へと転がり込む。〈梅倖〉は〈周〉の命を救うため、彼の掌に刺青を彫る。それは「鬼込め」と呼ばれる呪いの刺青だった。〈周〉は一命を取り留めるが、同時に不老不死の運命を背負うこととなる。明治、大正、昭和の時代を生き続ける彼の傍らには常に、友人の遺児〈奈津〉の姿があった。少女だった〈奈津〉もやがて〈閻魔〉を追い越して老いていく・・・・

●日本、中国、韓国、米国で2011年3月4日同時出版

●小説の一部を先行でネット無料配信
– 日本 2011年2月4日(金)~
– 韓国 2011年2月7日(月)(予定)~
– 中国 2011年2月21日(月)(予定)~

●alanのイメージソングを使用したプロモ映像を2011年2月4日よりネット配信

【画像イメージ】

裏閻魔オフィシャルサイト

『裏閻魔』オフィシャルサイト
( http://ura-enma.jp/ )

裏閻魔配信イメージ

『裏閻魔』配信イメージ

アーカイブ

最新情報

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

アニメニュース(2013年3月以前)