プレスルーム

プレスリリースBIGLOBE
2012年3月14日

NECビッグローブ株式会社

NECビッグローブ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役執行役員社長:古関 義幸、以下BIGLOBE)は、本年3月15日より、IaaS型パブリッククラウドサービス「BIGLOBEクラウドホスティング」において、自社システムのクラウド移行を短期間で実現する機能を強化いたします。
http://business.biglobe.ne.jp/hosting/cloud/

従来、自社構築したシステムをクラウドへ移行する際は、データベースの移行やソフトウェアのインストールなどサーバー環境の構築が長時間かかるといった課題がありました。このたびの機能強化では、クラウド上でOracle Databaseの対応を行うことで、既存のOracle Databaseの移行を容易にしました(注1)。さらに、ソフトウェアのインストールやサーバーの設定を省力化するイメージ持込機能を本年4月末より提供することで、短期間でのクラウド移行を実現いたします。

このたびの機能強化の特長は、次の通りです。

  1. クラウド上でOracle Databaseが利用できる環境を提供
    従来、Oracle Databaseをクラウド移行するにあたっては、クラウド上での利用がOracle Databaseライセンス契約に違反する可能性があり、異なるデータベースで再構築するか、移行を断念するケースがあった。このたび「BIGLOBEクラウドホスティング」上で、Oracle Databaseライセンスに準拠したサーバーを提供。これにより、Oracle Databaseを利用している企業においては、所有ライセンスをそのまま利用し、クラウドへの移行が容易となる。
  2. 自社システムの環境をクラウド上でそのまま使えるイメージ持込機能
    ソフトウェアのインストールやサーバーの設定情報などあらかじめ自社構築していた仮想サーバー環境を、「BIGLOBEクラウドホスティング」上に容易に移行できるイメージ持込機能を本年4月末に追加(注2)。これにより、改めてソフトウェアのインストールやサーバー設定などの手間がなくなり、クラウドへの移行にかかる時間を大幅に短縮できる。

そのほか、構築したサーバー環境を「BIGLOBEクラウドホスティング」利用者間で受渡しができるイメージ共有機能、即時利用できるファイアウォール機能などを追加いたします。また、ストレージ基盤の強化により、「BIGLOBEクラウドホスティング」におけるストレージ性能向上を実現しました。
(本機能強化の詳細は別紙をご確認ください)

「BIGLOBEクラウドホスティング」において、現在累計500社を超える受注(2012年2月時点)があり、Webサービス、フロントオフィス業務のほか、アプリケーション開発といった領域での利用が増えています。今後も機能強化や、パートナー連携による代理店販売の拡大を図り、2013年度末で累計3,000社へ導入し、関連サービスを含め売上80億円を目指してまいります。

以 上


(注1)
別途Oracle Databaseのインストールが必要です。
Oracle Databaseのライセンスは、別途お客様で用意して頂く必要があります。
(注2)
お客様にて作成したVMware環境のサーバーイメージ

 

※記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。
本件に関するお客様からの問い合わせ先

BIGLOBE法人コンタクトセンター
電話: (0120)20-5644 (通話料無料)
9:00-12:00、13:00-17:00 (土日祝日、弊社所定休日を除く)

【別紙】
■機能強化の一覧

名称
概要
料金(税込)
提供時期

ベースモデル

(Oracle用)

・Oracle Databaseライセンスが利用可能なサーバーモデル。
・コントロールパネルからオンデマンドに作成でき、あとからいつでもスペック変更が可能。
・サーバー作成時に、サーバーの配置場所を2種類の異なる物理サーバーから指定可能。

【提供OS】
– Red Hat Enterprise Linux (64bit) ※以下、RHEL
– Windows Server 2008 R2 Standard Edition (64bit)
– Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition (64bit)
– Windows Server 2008 Standard Edition (32bit)

【必要なライセンス数】
– Oracle Database Standard Edition
Processorライセンス:2プロセッサ分
Named User Plusライセンス:最小5ユーザーから
– Oracle Database Standard Edition One
Processorライセンス:2プロセッサ分
Named User Plusライセンス:最小5ユーザーから
– Oracle Database Enterprise Edition
Processorライセンス:6プロセッサ分
Named User Plusライセンス:最小150ユーザーから

※2012年3月15日以降に新規契約されたお客様のみご利用可能です

初期:無料

月額:17,850円~/サーバー
(OS:RHEL, 1vCPU, 1GBメモリ, 40GBディスクの場合)

※RHELサブスクリプションはお客様にてご用意ください。

※必要なOracle Databaseライセンスはお客様にてご用意ください。

2012.3.15

クラスタ用

バーチャルIPアドレス

ベースモデル(Oracle用)サーバーにバーチャルIPアドレスを追加できる機能。

(主な用途)
お客様がOracle用サーバーでDBの冗長化構成を組む際に、プライベートIPアドレスとしてご利用可能。

※2012年3月15日以降に新規契約されたお客様のみご利用可能です

初期:無料
月額:525円/IPアドレス

2012.3.15

イメージ持込

お客様のVMware環境のイメージを、BIGLOBEクラウドホスティングのサーバーイメージとして持ち込める機能。

(主な用途)
お客様プライベートクラウドのサーバー環境をBIGLOBEクラウドホスティングに容易に移行できる

未定

2012.
4末以降

イメージ共有

コントロールパネルからBIGLOBEクラウドホスティングのユーザー間でサーバーイメージを共有できる機能。

(主な用途)
・サーバー資産の再利用・有効活用
・取引先とのサーバー環境共有

無料

※イメージ共有元のお客様には、サーバーイメージ保管料がかかります。

※サーバーイメージから、サーバーを作成した場合、サーバー利用料がかかります。

2012.3.15

ファイアウォール

コントロールパネルからオンデマンドに設定できるハイパーバイザー組込み型のファイアウォール機能。

※2012年3月15日以降に新規契約されたお客様のみご利用可能です

初期:無料

月額:4,725円/サーバー
または、従量:11円/サーバー(グループ10件、ルール40件、ログ10,000件の場合)

※グループ、ルール、ログの上限はオプションで拡張可能

2012.3.15

アーカイブ

最新情報

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

アニメニュース(2013年3月以前)