プレスルーム

お知らせBIGLOBE
2022年度も打合せや挨拶まわりは「リモートで行いたい」約8割
BIGLOBEが「2022年度の生活・行動に関する意識調査」第3弾を発表
~新年度からの出社頻度、20代「増やしたい」、30代以上「増やしたくない」~
2022年3月23日

ビッグローブ株式会社

BIGLOBEは、「2022年度の生活・行動に関する意識調査」を実施しました。本日、調査結果の第3弾として、働き方編を発表します。

本調査は、全国の20代~50代の有職者の男女1,000人(内、247人は現在、「リモートワーク中心」、「リモートワークと出社が半々くらい」という働き方)を対象にアンケート形式で実施しました。調査日は2022年3月1日~3月2日、調査方法はインターネット調査です。

調査結果のトピックス

  1. 2022年度も打合せや挨拶まわりは「リモートで行いたい」約8割
    現在、「リモートワーク中心」、「リモートワークと出社が半々くらい」という働き方をしている全国の20代~50代の有職者の男女247人に、「国内での新型コロナウイルス感染症流行から3年目になるが、2022年度 ミーティング等をどのような形式で実施したいか」と質問をすると、「社内外のミーティング」、「社内外の研修」、「年末年始・新年度の挨拶まわり」、いずれも「原則リモートで行いたい」が5割を超え、「できればリモートで行いたい」をあわせると8割にのぼる結果となった。
  2. 新年度からの出社頻度、20代「増やしたい」、30代以上「増やしたくない」
    現在、「リモートワーク中心」、「リモートワークと出社が半々くらい」という働き方をしている全国の20代~50代の有職者の男女247人に「国内での新型コロナウイルス感染症流行から3年目になるが、新年度から出社頻度を増やしたいと思うか」と質問をすると、「そう思う(増やしたい)」(10.9%)、「ややそう思う」(27.5%)は約4割という結果に。
    年代別では、20代は6割近くが「出社頻度を増やしたい」と思っているのに対し、30代以上では「出社頻度を増やしたいと思わない」と思っている人が多い結果となった。
  3. 希望する働き方「原則在宅勤務」、「週休3日制」8割
    現在、「リモートワーク中心」、「リモートワークと出社が半々くらい」という働き方をしている全国の20代~50代の有職者の男女247人に「新型コロナウイルス感染症が流行した2020年度以降、企業の働き方改革の取り組みが話題となったが、様々な働き方について今後行いたいと思うか」を質問したところ、「原則在宅勤務」(85.0%)、「フレックス勤務」(84.3%)、「週休3日制」(78.5%)、「単身赴任なし」(78.1%)、「ジョブ型雇用」(68.9%)、「新しいオフィスのスタイル(フリーアドレス、シェアオフィスやサテライトオフィスなど)」(67.2%)と「行いたい」、「やや行いたい」の合計割合が多い結果に。新型コロナウイルス感染症の流行から3年目となり、リモートワークのその先やアフターコロナを見据えた新しい働き方への高い関心がうかがえる。
  4. 20代「会社メンバーでのワーケーションをしてみたい」5割強
    リモートワークを経験したことのある全国の20代~50代の有職者の男女391人に「2022年度に会社メンバーとのワーケーションをしてみたいと思うか」を質問したところ、20代では「したい」(23.2%)、「ややしたい」(31.3%)と5割強が「会社メンバーとのワーケーションをしてみたい」という結果に。30代40代は3割強、50代は2割強に対し、若い世代の関心の高さが浮き彫りとなった。

調査結果詳細

1.2022年度も打合せや挨拶まわりは「リモートで行いたい」約8割

全国の20代~50代の有職者の男女1,000人に「2020年から現在までにリモートワークをした経験があるか」と質問をしたところ、39.1%があると回答。さらにリモートワークを経験した391人に「現在の働き方」を質問すると「リモートワーク中心」(36.6%)、「リモートワークと出社が半々くらい」(26.6%)、「出社が中心」(36.8%)とリモートワーク経験者のうちリモートワークを継続している人はおよそ2/3という結果となった。
  
現在、「リモートワーク中心」、「リモートワークと出社が半々くらい」という働き方をしている247人に、「国内での新型コロナウイルス感染症流行から3年目になるが、2022年度 ミーティング等をどのような形式で実施したいか」と質問をすると、「社内外のミーティング」、「社内外の研修」、「年末年始・新年度の挨拶まわり」、いずれも「原則リモートで行いたい」が5割を超え、「できればリモートで行いたい」をあわせると8割にのぼる結果に。「対面で行いたい」と考えている人を大きく上回った。
 新型コロナウイルス感染症流行から3年目となり、リモートワークを現在も実施している人たちの約8割が打合せや研修はリモート形式の継続を望んでおり、以前の働き方に戻りたいと思う人は少ないようだ。

2.新年度からの出社頻度、20代「増やしたい」、30代以上「増やしたくない」

現在、「リモートワーク中心」、「リモートワークと出社が半々くらい」という働き方をしている全国の20代~50代の有職者の男女247人に「国内での新型コロナウイルス感染症流行から3年目になるが、新年度から出社頻度を増やしたいと思うか」と質問をすると、「そう思う(増やしたい)」(10.9%)、「ややそう思う」(27.5%)は約4割という結果に。
年代別では、20代は6割近くが「出社頻度を増やしたい」と思っているのに対し、30代は7割弱、40代50代は7割強が「出社頻度を増やしたいと思わない」という結果となった。

また、「新年度から出社頻度を増やしたい理由」については、「仕事がはかどらない」(37.9%)、「コロナの収束が見えず新年度を区切りとしたい」(31.6%)、「異動や新入社など出社した方が良い場面がある」(24.2%)、「在宅だと家事・育児負担が増える」(24.2%)が上位に。

「新年度からも出社頻度を増やしたくない理由」については「通勤ストレスがない方が良い」(55.3%)、「通勤時間を有効活用したい」(53.9%)、「ライフワークバランスが良くなる」(51.3%)が上位に。また、「リモートワークの方が仕事がはかどる」も42.8%にのぼった。

3.希望する働き方「原則在宅勤務」、「週休3日制」8割

現在、「リモートワーク中心」、「リモートワークと出社が半々くらい」という働き方をしている全国の20代~50代の有職者の男女247人に「新型コロナウイルス感染症が流行した2020年度以降、企業の働き方改革の取り組みが話題となったが、様々な働き方について今後行いたいと思うか」を質問したところ、「原則在宅勤務」(85.0%)、「フレックス勤務」(84.3%)、「週休3日制」(78.5%)、「単身赴任なし」(78.1%)、「ジョブ型雇用」(68.9%)、「新しいオフィスのスタイル(フリーアドレス、シェアオフィスやサテライトオフィスなど)」(67.2%)と「行いたい」、「やや行いたい」の合計割合が多い結果に。新型コロナウイルス感染症の流行から3年目となり、リモートワークの先やアフターコロナを見据えた新しい働き方への高い関心がうかがえる。

4.20代「会社メンバーでのワーケーションをしてみたい」5割強

リモートワークを経験したことのある全国の20代~50代の有職者の男女391人に「2022年度にプライベートでワーケーションをしてみたいと思うか」を質問したところ、「したい」(24.8%)、「ややしたい」(33.2%)と約6割が「プライベートでのワーケーションをしてみたい」と回答。

「2022年度に会社メンバーとのワーケーションをしてみたいと思うか」については、20代では「したい」(23.2%)、「ややしたい」(31.3%)と5割強が「会社メンバーとのワーケーションをしてみたい」という結果に。30代40代は3割強、50代は2割強に対し、若い世代の関心の高さが浮き彫りとなった。

さらに、「ワーケーションをしてみたい」と回答した233人に、「ワーケーションのメリットだと思うこと」と質問をすると、「空いている平日に旅行ができる」(58.8%)、「長期休暇が取りやすくなる」(42.5%)、「非日常の中で仕事をすることで新しい発想やアイデアが生れる」(38.6%)が上位となった。

※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合があります。また複数回答可の設問があるため、合計100%を超える場合があります。

  • 調査概要
    • 調査名  :2022年度の生活・行動に関する意識調査
    • 調査対象 :全国の20代~50代の有職者の男女1,000人
    • 調査方法 :インターネット調査
    • 調査期間 : 2022年3月1日~3月2日

BIGLOBEでは、社会を前進させるための情報発信をおこなうオウンドメディア「あしたメディア by BIGLOBE」にて、社会が直面している課題と解決に向けた動きを提示しています。
https://ashita.biglobe.co.jp/

このたびの調査結果を踏まえ、BIGLOBEは、人と社会と地球の未来づくりに貢献する「SDGs Action by BIGLOBE」を推進してまいります。

※記載されている会社名および商品名は各社の登録商標または商標です。

本件に関するお客さまからの問い合わせ先

BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスク
電話: 0120-86-0962 (通話料無料)
携帯電話、IP電話の場合  03-6385-0962(通話料お客さま負担)
※ 市外局番からおかけください。
電話番号は、おかけ間違えのないようにご注意ください。
https://support.biglobe.ne.jp/ask/

アーカイブ

最新情報

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年