プレスルーム

お知らせBIGLOBE
新Go To トラベルでワクチン・検査パッケージ「利用したい」約6割
BIGLOBEが「2022年の旅行に関する意識調査」第3弾を発表
~ブースター接種「時期が来たらしたい」60代8割、20代5割~
2021年12月21日

ビッグローブ株式会社

BIGLOBEは、「2022年の旅行に関する意識調査」を実施しました。本日、調査結果の第3弾を発表します。

本調査は、全国の20代~60代の男女1,000人を対象にアンケート形式で実施しました。調査日は2021年12月7日~12月8日、調査方法はインターネット調査です。

調査結果のトピックス

  1. 海外旅行「したい」は3割弱
    全国の20代から60代の男女1,000人に「現在、旅行(海外旅行)をしたいと思うか」を質問したところ、「したくない」(54.2%)が最多で5割を超える結果に。一方、「したい」(18%)、「ややしたい」(9.5%)をあわせて「したい」とい思っている人も3割近くにのぼることが明らかとなった。
  2. 新Go To トラベルでワクチン・検査パッケージ「利用したい」約6割
    全国の20代から60代の男女1,000人に「2022年に再開する予定の新たなGo To トラベル事業で、ワクチン接種歴やPCR検査等の結果を活用した『ワクチン・検査パッケージ』を利用したいと思うか」を質問したところ、「利用したい」(24.4%)、「やや利用したい」(31.7%)という結果に。新たなGo To トラベル事業で『ワクチン・検査パッケージ』を利用したい人は約6割となった。
  3. ブースター接種「時期が来たらしたい」20代5割、60代8割
    全国の20代から60代の新型コロナウイルス感染症ワクチンを接種済、または接種する予定の男女851人に「ブースター接種(3回目以降の接種)をしたいと思うか」を質問したところ、「接種できる時期が来たらしたい」(67.7%)、「様子を見て判断したい」(26.7%)、「接種したくない」(4.6%)という結果に。年代によって差があり、60代では「接種できる時期が来たらしたい」が8割に対し、20代では5割にとどまった。

調査結果詳細

1.海外旅行「したい」は3割弱

全国の20代から60代の男女1,000人に「現在、旅行(海外旅行)をしたいと思うか」を質問したところ、「したくない」(54.2%)が最多で5割を超える結果に。一方、「したい」(18%)、「ややしたい」(9.5%)をあわせて「したい」とい思っている人も3割近くにのぼることが明らかとなった。

また、海外旅行を「したい」「ややしたい」と回答した、全国の20代から60代の男女275人に「海外旅行をしたいと思う時期のうち、最も早いタイミング」を質問すると、「具体的な時期はわからない」(42.9%)が約4割と最も多い結果に。
「2021年12月」(8%)、「2022年1月~6月」(33.5%)とタイミングをみて、すぐにでも海外旅行に行きたいと思っている人も約4割という結果となった。

さらに、海外旅行を「したい」「ややしたい」と回答した、全国の20代から60代の男女275人に「どのような状況であれば海外旅行をしたいか」を質問すると、「世界的に新型コロナウイルスの感染者が減ったら」(61.1%)、次いで「旅行先で新型コロナウイルスの感染者が少なければ」(44%)、「渡航者の隔離がなくなったら」(37.1%)という結果に。オミクロン株の拡大も懸念され、海外旅行はまだ先となりそうだ。

2.新Go To トラベルでワクチン・検査パッケージ「利用したい」約6割

全国の20代から60代の男女1,000人に「2022年に再開する予定の新たなGo To トラベル事業で、ワクチン接種歴やPCR検査等の結果を活用した『ワクチン・検査パッケージ』を利用したいと思うか」を質問したところ、「利用したい」(24.4%)、「やや利用したい」(31.7%)という結果に。新たなGo To トラベル事業で『ワクチン・検査パッケージ』を利用したい人は約6割となった。

さらに、全国の20代から60代の男女1,000人に「今後、旅行に限らず、飲食店利用やイベント参加などの際に、ワクチン接種歴やPCR検査等の結果を活用した『ワクチン・検査パッケージ』が導入されるとしたらどのように感じるか」を質問したところ、「賛成」(28.4%)、「やや賛成」(43.7%)という結果に。今後、様々な分野での『ワクチン・検査パッケージ』の活用を肯定的にとらえている人が7割にものぼった。

3.ブースター接種「時期が来たらしたい」20代5割、60代8割

全国の20代から60代の男女1,000人に「新型コロナウイルスワクチン(1回目・2回目)を接種したか」を質問したところ、年代によって差がみられ、「2回接種済み」と回答した人は60代では9割に対し、年代が下がるごとに低下し20代では6割という結果となった。

さらに、全国の20代から60代の新型コロナウイルス感染症ワクチンを接種済、または接種する予定の男女851人に「ブースター接種(3回目以降の接種)をしたいと思うか」を質問したところ、「接種できる時期が来たらしたい」(67.7%)、「様子を見て判断したい」(26.7%)、「接種したくない」(4.6%)という結果に。
ブースター接種においても、年代によって差があり、60代では「接種できる時期が来たらしたい」が8割に対し、20代では5割にとどまり、若い世代ほど様子見の状況がうかがえる。

※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合があります。また複数回答可の設問があるため、合計100%を超える場合があります。

  • 調査概要
    • 調査名  :2022年の旅行に関する意識調査
    • 調査対象 :全国の20代~60代の男女1,000人
    • 調査方法 :インターネット調査
      ※国土交通省観光庁発表資料『「新たなGo To トラベル事業」の概要』参照
    • 調査期間 :2021年12月7日~12月8日

BIGLOBEでは「みんなで選ぶ 温泉大賞(R)」と「ONSEN WORK」を通じて全国の温泉地を応援しています。
みんなで選ぶ 温泉大賞(R):https://travel.biglobe.ne.jp/onsen/award/
ONSEN WORK:https://workation.biglobe.ne.jp/onsen/

このたびの調査結果を踏まえ、BIGLOBEは、より暮らしやすい社会の実現を目指してまいります。

※記載されている会社名および商品名は各社の登録商標または商標です。

本件に関するお客さまからの問い合わせ先

BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスク
電話: 0120-86-0962 (通話料無料)
携帯電話、IP電話の場合  03-6385-0962(通話料お客さま負担)
※ 市外局番からおかけください。
電話番号は、おかけ間違えのないようにご注意ください。
https://support.biglobe.ne.jp/ask/

アーカイブ

最新情報

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年