プレスルーム

お知らせBIGLOBE
20代、30代「ワーケーションをしてみたい」7割弱
BIGLOBEが「ニューノーマルの働き方に関する調査」第2弾を発表
~ワーケーションの普及には「会社の制度化が重要」4割~
2020年10月13日

ビッグローブ株式会社

BIGLOBEは、「ニューノーマルの働き方に関する調査」を実施しました。本日、調査結果の第2弾を発表します。

本調査は、全国の20代~50代の男女1,500人(20代~50代の社会人1,200人、20代の学生300人)を対象にアンケート形式で実施しました。調査日は2020年9月10日~9月14日、調査方法はインターネット調査です。

【調査結果のトピックス】

  1. ワーケーション「してみたい」6割、20代と30代は7割弱が希望
    全国の20代から50代の社会人の男女1,200人に「新しい働き方として政府が提唱するワーケーションをしてみたいと思うか」を質問すると、全体では「そう思う」(23.7%)、「ややそう思う」(35.3%)と回答。特に若い世代はワーケーションへの関心が高く、「そう思う」「ややそう思う」を合わせると、20代は65.3%、30代は68.4%という結果となった。
  2. ワーケーションの普及には「会社の制度化が重要」4割
    全国の20代から50代の社会人の男女1,200人に「どのような条件が整えばワーケーションをしてみたいと思うか」を質問すると、「会社がワーケーションを推奨する(制度が整う)」(43.5%)、「有給休暇を使わず通常勤務扱いになる」(39%)、「会社の費用負担がある」(39%)が上位に。今後、企業においてワーケーション制度が整備されることが期待される。
  3. ワーケーションを実施するとしたら「3泊以上」が6割弱
    全国の20代から50代のワーケーションに関心がある社会人の男女955人に「ワーケーションをするとしたら、実施したい1回あたりの期間」を質問すると、「2泊」(24.7%)、「3泊」(19.5%)が上位に。「4~6泊」(11.3%)、「1週間」(14.8%)など、「3泊以上」と回答した割合は6割弱となった。
  4. 日常から離れのんびりとした空間で、仕事も休暇も両立
    全国の20代から50代のワーケーションに関心がある社会人の男女955人に「ワーケーションをする場合、どのような設備・環境のある場所で仕事をしたいと思うか」を質問したところ、「のんびりとした空間」(38.6%)、「おいしい食事」(38.6%)、「セキュリティ保護されたWi-Fi」(36.6%)、「長時間座り心地のよい椅子」(36.4%)と続いた。日常から離れたのんびりとした環境と、仕事に集中できる環境の双方が求められる。

【調査結果詳細】

1. ワーケーション「してみたい」6割、20代と30代は7割弱が希望

全国の20代から50代の社会人の男女1,200人に「新しい働き方として政府が提唱するワーケーションをしてみたいと思うか」を質問すると、全体では「そう思う」(23.7%)、「ややそう思う」(35.3%)と回答。若い世代はワーケーションへの関心が高く、「そう思う」「ややそう思う」を合わせると、20代(65.3%)、30代(68.4%)という結果に。40代(55.6%)、50代(46.7%)を上回る結果となった。

2. ワーケーションの普及には「会社の制度化が重要」4割

全国の20代から50代の社会人の男女1,200人に「どのような条件が整えばワーケーションをしてみたいと思うか」を質問すると、「会社がワーケーションを推奨する(制度が整う)」(43.5%)、「有給休暇を使わず通常勤務扱いになる」(39%)、「会社の費用負担がある」(39%)が上位に。今後、ワーケーションの普及に向けて、企業におけるワーケーション制度の整備が期待される。

3. ワーケーションを実施するとしたら3泊以上が6割弱

全国の20代から50代のワーケーションに関心がある男女955人(前設問でその他、どのような条件でもしたくないと回答した人を除く955人)に「ワーケーションをするとしたら、実施したい1回あたりの期間」を質問すると、「2泊」(24.7%)、「3泊」(19.5%)が上位に。さらに「4~6泊」(11.3%)、「1週間」(14.8%)、「2週間」(3.1%)、「3週間~1か月未満」(2.3%)、「1か月以上」(7.3%)と「3泊以上」と回答した割合は6割弱となった。ワーケーションを導入することで、休暇と仕事を上手く両立し、長期休暇を取得したいというニーズが明らかとなった。

さらに、「ワーケーションをするとしたら、自費で払っても良いと思う金額(1日あたり・1人あたり平均)」を質問すると、「5千円未満」(42.1%)、「5千円~1万円未満」(22.2%)という結果に。6割強が「1万円未満」と回答した。

4. 日常から離れのんびりとした空間で、仕事も休暇も両立

全国の20代から50代のワーケーションに関心がある男女955人に「ワーケーションをする場合、どのような設備・環境のある場所で仕事をしたいと思うか」を質問したところ、「のんびりとした空間」(38.6%)、「おいしい食事」(38.6%)、「セキュリティ保護されたWi-Fi」(36.6%)、「長時間座り心地のよい椅子」(36.4%)と続いた。さらに「温泉・サウナなど温浴施設」も29.9%という結果に。日常から離れのんびりとした環境と、仕事に集中できる環境の双方が求められる。

※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合があります。また複数回答可の設問があるため、合計100%を超える場合があります。

  • 調査概要
    • 調査名  :ニューノーマルの働き方に関する調査
    • 調査対象 :全国の20代~50代の男女1,500人
    • 調査方法 :インターネット調査
    • 調査期間 :2020年9月10日~9月14日

BIGLOBEでは、社会が関心を寄せる新しい取り組みやSDGsに関する話題を専門家と議論するオンラインイベント「BIGLOBE Styleイノベーションミーティング:オンライン」Vol.1を2020年9月24日に開催しました。「新しい住み方と働き方」をテーマに、各界で活躍している専門家4名が地方移住やワーケーションなど注目の取り組みを議論しました。詳細なレポートは、後日「BIGLOBE Style」(https://style.biglobe.co.jp/)に掲載の予定です。

https://www.biglobe.co.jp/pressroom/info/2020/09/200925-1
ワーケーションのプロが、「働きながら休む」効果と課題を提示
BIGLOBE Styleイノベーションミーティング:オンラインvol.1開催
~地方移住やワーケーションがもたらすエリアイノベーションによる地域活性化を議論~

このたびのwithコロナに関する調査結果を踏まえ、BIGLOBEは、より暮らしやすい社会の実現を目指してまいります。

※記載されている会社名および商品名は各社の登録商標または商標です。

本件に関するお客さまからの問い合わせ先

BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスク
電話: 0120-86-0962 (通話料無料)
携帯電話、PHS、IP電話の場合  03-6385-0962(通話料お客さま負担)
※ 市外局番からおかけください。
電話番号は、おかけ間違えのないようにご注意ください。
https://support.biglobe.ne.jp/ask/

アーカイブ

最新情報

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

アニメニュース(2013年3月以前)