プレスルーム

お知らせBIGLOBE
2012年10月24日

NECビッグローブ株式会社

http://kirei.biglobe.ne.jp/around40/goodnight/

BIGLOBEは10月24日より、美容・ライフスタイル情報を提供するアラフォー女性向けサイト「Kirei Style(キレイスタイル)」において、“「眠れぬ美女」の快眠は“お休み前30分のリラックス”と“グッドナイト(王子)”しだい!?”を公開します。 本特集では、アラフォー女性を対象に実施した“睡眠”に関するアンケート調査(2012年9月実施)の結果を、マーケティングライターで世代・トレンド評論家の牛窪恵さんと分析し、紹介します。

 

<ポイント>

  1. 「睡眠にかなり満足」は1割のみ。
  2. 8割以上の女性が、「温活」や「血めぐり」など、睡眠の質を上げる“眠活”をしている。
  3. 「寝る前30分のリラックス」が快眠のカギ。
  4. やさしく眠りに誘う“グッドナイト(王子)” の条件、1位は「寝る前に『愛してるよ』と言ってくれる」。
  5. アラフォー女性が選ぶ、理想の“グッドナイト”は向井理さん。

調査結果の概要は以下の通りです。

 

1.「睡眠にかなり満足」は1割のみ。
睡眠時間では、「関東」に居住の3割が6時間未満に対し、「中国・四国」の4割が7~8時間と地域差。

普段の睡眠に「かなり満足している」女性はわずか1割で、約6割の女性が睡眠に不満を持っていることが分かりました。不満の理由は、「睡眠時間が短いから」、「朝スッキリしないから」が上位となりました。

Q.普段の睡眠に満足していますか?

かなり満足 9.6%
やや満足 29.9%
やや不満 42.9%
かなり不満 17.6%

 

各地域別に睡眠時間を調べたところ、「関東」では、平日「6時間未満」と回答した人が最多で、33.3%を占めました。一方、「7~8時間」が42.9%と、回答の多くを占めたのは「中国・四国」で、他地域と比較するとたっぷり寝ている人が多い様子。地域によってバラつきが見られました。

 

エリア別 睡眠時間MAP

※各地域で、回答が最多の睡眠時間とその割合

 

2.8割以上の女性が「温活」や「血めぐり」など、睡眠の質を上げる“眠活”をしている。

75.0%の女性が、睡眠の質を上げるために「ぐっすり眠るための行動=眠活」をしており、「特に何もしていない」(25.0%)をはるかに上回りました。“眠活”として意識的に実践しているのは、「照明を落とす」が最も多く、以下、「ゆっくり浴槽につかる」「ストレッチやヨガをする」など「温活」や「血めぐり」を意識した行動が多く、快眠のために大事だと気付いている女性が、数多くいることが分かりました。なお、「特に何もしていない」女性の7割が、睡眠に不満を持っていることも分かりました。

Q. 普段「ぐっすり眠るための行動=眠活」で、意識的に実践していることは?

 

3.「寝る前30分のリラックス」が快眠のカギ

「寝る前の30分」の行動と、睡眠への満足度の関係をみてみると、「子どもやペットの世話」をしている人や、「本を読む」人の満足度が高い傾向にありました。一方、最も満足度が低かったのは「ゲーム」という結果に。シャワーも、身体が温まりにくく癒されにくいものと捉えると、「寝る前の30分」には、刺激になるものを避けリラックスすることが、睡眠のカギを握ってるようです。また、「夫(カレ)と対面で会話」している人のうち7割以上が睡眠に不満足という意外な結果もでました。

「寝る前の30分」の行動と睡眠満足度
※睡眠満足度:各行動を寝る前の30分間にする人のうち、睡眠に満足している人の割合

 

4.やさしく眠りに誘う“グッドナイト(王子)”の条件、1位は「寝る前に『愛してるよ』を言ってくれる」

では、どのような人がグッドナイト(王子)なのでしょうか。やさしく眠りに誘ってくれるような男性を“グッドナイト(王子)”と定義し、女性が思う“グッドナイト”の条件を聞きました。「寝る前に『愛してるよ』と言ってくれる」が86.5%と圧倒的な差で1位。続く第2位は、「寝る前にハグしてくれる」が(37.9%)。第3位は、「別々に寝てくれる」(27.7%)という結果になり、一緒にいるだけでなく、適度な距離感も保ってほしい女性の気持ちが分かりました。

Q. 一緒に「夜~朝」を迎えたい、あなたの理想の「グッドナイト(王子)」は?

5.アラフォー女性が選ぶ、理想の“グッドナイト”は向井理さん。

理想の”グッドナイト” を芸能人に例えるとどんな男性なのか聞いたところ、1位は向井理さんでした。やさしさと男らしさも併せ持つ雰囲気が、アラフォー女性に好まれたのかもしれません。2位が竹野内豊さん、3位が福山雅治さん、4位が西島秀俊さん、5位が大沢たかおさんという結果になりました。向井理さん以外は、アラフォー、アラフィフの「守ってくれそうな男性」が並びました。

Q. あなたの理想の「グッドナイト(王子)」のイメージを、芸能人に例えると誰ですか?

1位:向井理さん
2位:竹野内豊さん
3位:福山雅治さん
4位:西島秀俊さん
5位:大沢たかおさん

 

◆マーケティングライター(世代・トレンド評論家) 牛窪恵さん

まず驚いたのは、睡眠満足派の女性が1割しかいない、という事実。ただ、睡眠時間の不足以外にも、重要な要素が分かりました。
それが、「寝る前30分のリラックス」と「夫(彼)」との関わり。「夫(カレ)と対面で会話」している女性で睡眠に満足している方は3割でした。
もちろん、向井理さんのような“グッドナイト(王子)” には、なかなか出会えないもの。それでも、すでに75%の女性が、前向きに「快眠リラックス法」を実践。しかも、単にゆっくり湯船につかるだけでなく、ストレッチやヨガ、首や目の回りの温めなど、みずからのアクションで「血めぐりUP」を心掛けているのもさすが!寝る前の30分、“グッドナイト(王子)”の代わりに手軽に「温活」できるグッズがあれば、忙しい彼女たちももっと癒され、よい眠りにつけることでしょう。

 

BIGLOBEは、一人ひとりの“かなえたい想い”を実現するサービスパートナーとして、最新技術の活用や多様なコラボレーションにより、魅力的なサービスを提供してまいります。

※記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

本件に関するお客様からの問い合わせ先

BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスク
電話:(0120)86-0962 (通話料無料)
携帯電話など上記番号が利用できない場合
電話:(03)6385-0962 (通話料お客様負担)
http://support.biglobe.ne.jp/ask/

アーカイブ

最新情報

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

アニメニュース(2013年3月以前)