ENTRY

MY PAGE

MENU

SPECIAL特別座談会

エンジニア座談会

BIGLOBEの巨大なネットワークを支える、
エンジニアの先輩たち。日々の働きぶりや、
会社の魅力について語っていただきました。

[座談会参加社員]

  • 古賀 洋一郎

    エンジニア

    事業推進本部
    1991年入社

  • 成澤 佳介

    エンジニア

    システム基盤本部
    2009年入社

  • 舘 直芳

    エンジニア

    システム基盤本部
    2005年入社

  • 馬淵 俊弥

    エンジニア

    システム基盤本部
    2014年入社

常に時代の先端を体験できる環境。

古賀
新しい技術を取り入れるのが早い、っていうのは確かにある。SDN(※1)が世の中に出てきたときも、BIGLOBEは業界の中でいち早く導入した印象があったよね。

つづきを読む

社歴に関係なく、チャンスがある。

馬淵
僕は今入社2年目ですが、IPアドレスやSDNという言葉も、入社して初めて知りました。

つづきを読む

実はすごい!BIGLOBEの当たり前。

古賀
BIGLOBEの事業と言えば…データセンター、ネットワーク、プロバイダ、サーバー、サービス…最近ではモバイルサービスも拡大してきたよね。これらはすべて、競合他社にもある事業だけど、これだけの範囲をひとつの企業で展開し、なおかつ、すべて社内の技術者だけで支えていることが、BIGLOBEの強みじゃないかな。

つづきを読む

これからのBIGLOBEを考えていく。

成澤
BIGLOBEを一言で表現すると、「おもちゃ箱」だと思うんです。
古賀
NEC時代も含めると、BIGLOBEは歴史が長く、ノウハウと大量の過去データが会社に蓄積されているんです。だけどその分、今の事業に活用しきれていない技術や情報があるのも事実。むしろそれが、新しい世代の人たちにとってチャンスだと思うんですよね。眠っている情報を解析していけば、まだまだ新しいサービスが生み出せるはず。未来へのチャンスは、無限にある環境です。ビッグデータを解析したい!人とか、ぜひね。

つづきを読む

実施日時 2015年11月

  • ※1 SDN Software-Defined Networkの略
  • ※2 JANOG 日本ネットワーク・オペレーターズ・グループの略