ENTRY

MY PAGE

MENU

INTERVIEW社員を知る

08

失敗を恐れず「世界初」に
チャレンジできる環境。

穂積 裕樹

[エンジニア]
サーバ開発・運用/2009年入社

Q1
担当している仕事の内容について教えてください。

平たく言うと、Webサービスやアプリを提供するためのサーバーを開発・運用する仕事に携わっています。お客様に安定したサービスを提供するための運用や、トラブルを未然に防ぐためのチェックや対応が主な業務です。また、より便利に使っていただくために、新技術の検討や評価を行い、必要に応じて導入することもあります。開発するべきプログラムの仕様を考えて、事業部と意見や情報を交換しながら、要望をかたちにしていくことも私の仕事です。

Q2
仕事でやりがいを感じるのはどんな点ですか。

まず、他所にはなかなかない大規模なサーバー群を運用開発できること。そして、日本だけでなく世界の最新技術に触れられることです。日本企業では導入実績をすごく気にするので、海外の小さなベンダーの製品はあまり採用しません。でもBIGLOBEでは、それが良い製品で評価に問題なければ採用しています。良い物は取り入れる、前例のないことでもチャレンジできる環境が、やりがいに大きく関わっていると思います。

Q3
BIGLOBEの社風について教えてください。

学生の方が一般的に思い描く「会社」の雰囲気とは真逆だと思います。一人ひとりが黙々と作業していて、ときに怒鳴り声が聞こえたり…というようなことが全くないんです。とても和気あいあいとしていますよ。たとえミスしても、感情的に怒られること自体がまずあまりない。それよりも「何故ミスをしたのか?」を理論的に考えるように促します。また、他の事業部の仕事に興味を持ち、異動を希望すれば聞き入れてもらえる柔軟な仕組みもあります。

Q4
学生時代に学んだことはどう活かされていますか?

大学院時代の研究が、現在仕事で取り組んでいる分野と近しかったので、心理面でのハードルをあまり感じることなく業務に入れました。また、プライベートの面では、学生時代に芝居をやっていたことがよかったですね。社会人の団体にいたので、中学生からお年寄りまで、年齢差にあわせたコミュニケーションの方法が自然と身につきました。コミュニケーションがとれることは、BIGLOBEでも重要なポイント。学生の方には、勉強だけでなく遊びも楽しみながら、自分が他人に何をするとどう感じるかなどの感性を磨くことも大切にしてほしいと思っています。

実施日時 2015年2月

SNAP & COLUMN

「自分で考えられることがうちの会社では重要」と穂積さん。その上で、人とコミュニケーションをとりながら物事を進めることを大切にしているそうです。